結婚式の祝電や電報を送る際のマナーについて

ビル

親戚や友人、会社の上司や同僚などに結婚式に招待されたけれども当日出席できなくなってしまった場合には祝電や電報を送るのがマナーです。
出席できないことがわかった段階で早めに送る準備をしておくのが大切です。
結婚式や披露宴が行われる日より前に祝電や電報を送る場合は、確実に新郎新婦のもとに届くように事前に会場の営業日や営業時間を確認しておきましょう。
次に新郎新婦へのお祝いのメッセージの文面を考えます。
特に文面に決まりはありませんが、お祝いの場ですので別れを連想させる忌み言葉(別れる・壊れる・終わるなど)と再婚を連想させる重ね言葉(たびたび・重ね重ね・再びなど)は使用しないように注意しましょう。
祝電や電報を送る際の宛名は新郎新婦お二人宛にするのが一般的ですが、新郎新婦との関係性によってどちらか一方にしても大丈夫です。
このように送る相手との関係性やマナーを踏まえて、新郎新婦にお祝いのメッセージを送ればきっと喜んでもらえることでしょう。


Menu

最新情報